相談事例

2019年4月4日


続きを読む >>

2019年2月13日


続きを読む >>

2017年8月14日


続きを読む >>

2017年5月1日


続きを読む >>

2017年4月24日


続きを読む >>

リフォーム代などを捻出するため、土地の売却が必要となった認知症の方の場合

相談者の状況 Aさんは数年前に病気を患ったのをきっかけに、認知症の症状が進み、判断能力が低下していました。 Aさんが住む建物の老朽化が激しかったため、Aさんが所有する自宅以外の土地を売却し、建物のリフォーム代と今後の生活費を捻出しようとしましたが、Aさんの状態では土地の売買契約はできずにいました。 司法書士の提案&お手伝い Aさんの代わりに契約を行うため、Aさんと一緒に生活していた二男が後
続きを読む >>

親の死後に、一人暮らしとなる精神障がい者の方がいる場合

相談者の状況 Hさんは重度の鬱病を患っており、父親と二人暮らしでした。 しかし、父親は持病を抱えており、Hさんの他に兄弟はいないため、Hさんの将来を危惧していました。 司法書士の提案&お手伝い 父親が、後見開始の審判の申立を行いました。 結果 成年後見人には当事務所の司法書士が選ばれました。 その後、父親は亡くなり、Hさんは一人暮らしとなりました。 当初は、Hさんの独居生活は困難で
続きを読む >>

借金があることが分かった認知症の方の場合

相談者の状況 Hさんは認知症を患っていました。 ある日、Hさんに借金があることが分かりましたが、家族が本人に聞いても何も分かりませんでした。 また、Hさんに代わって家族が借金のことを調査しようとしても、本人でないため内容について開示されず、確認できずにいました。 司法書士の提案&お手伝い まずは、債務整理を行う必要があったため、Hさんの長男が後見開始の審判の申立を行いました。 結果
続きを読む >>

認知症により、財産管理が困難になった一人暮らしの方の場合

相談者の状況 Aさんは、妻が死亡し、一人で暮らしていました。 Aさんの物忘れが多くなってしまったため、施設で生活するようになりましたが、Aさんには子がおらず、親戚は県外にいるため、本人の財産管理や自宅の管理を行う人が身近にいませんでした。 司法書士の提案&お手伝い Aさんの姪が補助開始の審判申立を行いました。 また、財産管理や施設費の支払などを行えるように、預貯金の管理などについての代理
続きを読む >>

相続人の一人が行方不明のケース

相談者の状況 父親が10年前に亡くなりましたが、相続人の一人が行方不明で遺産分割協議ができないことから放置して(諦めて)いました。 そのような状況の中、相続人の一人も亡くなり、数次相続(相続人の死亡により、その相続人の相続人がその権利を引き継ぐこと)が発生したことにより、相続登記の相談に訪れました。 行方不明の相続人は気性が荒く、生前父から多額の借金をし、両親に多大な心配を掛けていました。
続きを読む >>

k͖łA⍇E\͂Cyɂǂ@lbgł̑k\͂