親の死後に、一人暮らしとなる精神障がい者の方がいる場合

相談者の状況

Hさんは重度の鬱病を患っており、父親と二人暮らしでした。

しかし、父親は持病を抱えており、Hさんの他に兄弟はいないため、Hさんの将来を危惧していました。

司法書士の提案&お手伝い

父親が、後見開始の審判の申立を行いました。

結果

成年後見人には当事務所の司法書士が選ばれました。

その後、父親は亡くなり、Hさんは一人暮らしとなりました。

当初は、Hさんの独居生活は困難であると考えられていましたが、後見人である司法書士が財産管理を行い、親族・役場担当者・福祉関係の方々が身上監護を行うなど、様々な形でHさんの生活をサポートすることで、Hさんも一人暮らしを続けていくことが出来ました。

 

相談事例の最新記事

k͖łA⍇E\͂Cyɂǂ@lbgł̑k\͂