相続人の一人が行方不明のケース

相談者の状況

父親が10年前に亡くなりましたが、相続人の一人が行方不明で遺産分割協議ができないことから放置して(諦めて)いました。

そのような状況の中、相続人の一人も亡くなり、数次相続(相続人の死亡により、その相続人の相続人がその権利を引き継ぐこと)が発生したことにより、相続登記の相談に訪れました。

行方不明の相続人は気性が荒く、生前父から多額の借金をし、両親に多大な心配を掛けていました。

司法書士の提案&お手伝い

まず、不在者財産管理人制度を利用して、管理人と遺産分割協議をすることができる旨を説明をしました。
但し、原則として、不在者には法定相続分相当の遺産を分与しなければならないことも併せて説明しました。

しかし、亡父から多額の借金をしているとの事情から特別受益を主張できないかを検討しました。

その聴取の中で、行方不明の相続人が生前亡父から土地の贈与を受けていたことを聞き取りました。
そこで、亡父名義の登記簿の閉鎖登記簿謄本を取得してみると、昭和40年代に贈与をした土地があることが分かりました。

結果

上記の贈与をした土地は、亡き父の相続が発生した時点では、かなりの価値があることが路線価図で判明しました。
死亡時の路線価によると、法定相続分以上の金額となっていました。

そこで、不在者財産管理人は、家庭裁判所に対する遺産分割協議の権限外行為許可の申立で特別受益で相続分はないことの説明をしました。

裁判官は証拠資料を採用して、無事に不在者以外の相続人で遺産を分けることができ、お客様も大変満足していらっしゃいました。

相談事例の最新記事

k͖łA⍇E\͂Cyɂǂ@lbgł̑k\͂